テントのマルヤマキャンバスのトップページ
  テント・オーニングのご案内 産業資材のご案内 カーテンのご案内 イベント用品のご案内 ご注文・お問い合わせ リンク集 宅地・建物・住まい探しのご案内

カーテン採寸方法

CURTAIN
掃き出し窓

   
<幅>
(レールの長さ)×(1.05)
(例)189cm=180cm×1.05(小数点以下は切り上げ)
※フラットカーテンはレール寸法の約1.3倍でのご発注をおすすめします。

<丈>
(ランナーの穴から床までの高さ)-(1cm)
(例)179cm=180cm-1cm
二重吊のレースは2cm短くしてください。

腰高窓

   
<幅>
(レールの長さ)×(1.05)
(例)189cm=180cm×1.05(小数点以下は切り上げ)
※フラットカーテンはレール寸法の約1.3倍でのご発注をおすすめします。

<丈>
(ランナーの穴から窓枠までの高さ)+(15〜20cm)
(例)115cm=100cm+15cm
二重吊のレースは2cm短くしてください。

ROMAN SHADE
出窓

   
<幅>
レールの長さを測ってください。
 A + B + C = 幅

<丈>
レールのランナー下部から窓の内枠までの長さを測り、それより1cmマイナスする。

L字形窓

   
<幅>
レールの長さを測ってください。
 A + B = 幅

<丈>
レールのランナー下部から窓の内枠、又は床までの長さを測り、それより1cmマイナスする。

※ バルーンスタイルとセパレートスタイルのパーツは均等割りのみの受注となりますのでご注意ください。

枠(外)取り付け

   
<幅>
外枠から外枠までの長さを測ってください。

<丈>
外枠から外枠までの長さを測ってください。

枠内取り付け

   
<幅>
内枠から内枠までの長さを測ってください。

<丈>
内枠から内枠までの長さを測ってください。

※ ローマンシェードはストレート対応のみです。

吊り方見本とフックの種類

一重吊り
天付け

   
天付けレールやカーテンボックスのついた窓にドレープ、又はレースを一重吊りする場合、Aカンを使用するとカーテンの上部が折れたり引っかかる事なく美しく吊ることができます。

正面付け

   
正面付けのレールにドレープ、又はレースを一重吊りする場合、Bカンを使用してレール部分をカーテンの上部でかくすとレールが見えず美しく吊ることができます。

二重吊り
天付け

   
天付けレールやカーテンボックスのついた窓にドレープとレースを二重吊りする場合、ドレープ・レース共にAカンを使用すると、カーテンの上部が折れたり引っかかる事なく美しく吊ることができます。

正面付け

   
ダブルレールを正面付けする場合、ドレープはBカンを使用すると、レースをカーテンの上部でかくすことができます。その際、レースをAカンにするとカーテンの上部が折れたり引っかかる事なく、美しく吊ることができます。

装飾レールとレールの二重吊り
レース天付け

   
装飾レールとレールで二重吊りする場合、装飾レールに吊るドレープはAカンを、天付けレールに吊るレースもAカンを使用すると、カーテンの上部が折れたり引っかかる事なく美しく吊ることができます。

レース正面付け

   
装飾レールとレールで二重吊りする場合、装飾レールに吊るドレープはAカンを、レールに吊るレースはBカンを使用するとレースでレールがかくれるのでより美しく吊ることができます。

レース正面付け

>> カーテントップへ

カーテン・ブラインド・インテリアのNo.1サービス

(株)マルヤマキャンバストップページへ

Copyright (C) Maruyama Canvas co., Ltd. All Rights Reserved.