テントのことならザ・テント >>膜天井-天井の脱落を防ぐ-

テントのマルヤマキャンバスのトップページ テント・オーニングのご案内 産業資材のご案内 カーテンのご案内 イベント用品のご案内 ご注文・お問い合わせ リンク集 会社概要
・膜天井

膜天井

膜天井の特長

昨今の大地震で、天井脱落による人的被害が発生しています。
軽くて落ちにくい膜天井が今、注目されています。

軽量・柔軟

膜天井は質量が600g/㎡で、一般の天井材(ブラスターボード約8kg/㎡)と比べ非常に軽量なので、柔らかく強度の高い膜材を使用する事で、地震による落下時でも室内の人々や物品へのダメージを最小限に抑えることが可能です。 ※図1参照

セーフティ&
スピーディ

膜材を使用する為、軽く安全。従来の石膏ボードと比較した場合、工期が短い。 ※図2参照

湿気に強い

膜天井は、プラスターボード・天井石膏材と比べ「湿気を吸湿」しないため、湿気による劣化が少なく、室内プールなど高温多湿の場所でも安全性が保てます。 ※図3参照

自由な空間演出

膜天井は、創造性に富んだ曲面デザインが可能で、軽くて柔らかな印象を与えます。また透光性があるので、間接照明デザインとしても利用され、他の天井仕上げ材には表現できない「自由な空間演出」が可能です。


仕上げ材の重量比較表 一般天井との比較表

・プラスターボード・天井石膏材は、湿気を吸湿して劣化した際などにビス抜けを起こして落下する危険性があります。


膜天井の工法


【周囲膜張型】

ロープレーシングによる従来の周囲膜張工法。
張力によりフラットなデザインが特長です。
パネル面として見せることが可能で、光膜天井の利用も多い。

工法のイメージ図 写真
【二辺懸垂型】

二辺を支持して、張力を掛けずに懸垂する工法。
膜の曲面が形成され、他素材に無いデザインが特長です。
使用部材も少なく、変形追従性も高いので、落下の危険性も少ない。

工法のイメージ図 写真
【サスペンション型】

膜の周囲にポイントで取り付けテンションを掛ける工法。
施工も早く、中間部材も無く収まりがシンプルです。
テンションにより他素材には無い膜特有のデザインが可能です。

工法イメージ図 写真

>>膜天井の使用例

お問合せください


膜天井にご興味を持たれましたら、お気軽にお問い合わせください。
>>お問い合わせ窓口

プロ用トラックシート
トラックシート制作例

軽トラックシート
軽トラックシート

デッキバン用荷台シート
デッキバン用荷台シート

ランクル70pickup荷台シート
ランクル70pickup荷台シート

かんたんてんと3
かんたんてんと

キャンパルジャパン
キャンパルジャパン

シンプルパワーテント
シンプルパワーテント

ロイヤルパワーテント
イベント用テント

GK式テント
GK式テント

ワンタッチイベントテントVITABRI V2
キャンパルジャパン

ステージ用4本柱テント
ステージ用4本柱テント

NSPプール
NSPプール

 

キャンバスのある生活

かんたんテント

テントのお問い合わせまで

THE TENT テントのマルヤマキャンバストップページへ
テント・オーニング・イベント・カーテンのプロショップ